つつじヶ丘駅徒歩5分 肩こり・腰痛・心身の疲労回復専門整体院/アールイー カイロプラクティック  » 不調・不具合の改善目安 ( 症状別 通院期間の実績 )

 

予約制 



 width= お盆期間中も休まず営業しています。 



 緊急時はお電話を。

ぎっくり腰など、緊急時は時間外でも迷わずご連絡ください。




患者様の声











☆臨床経験年数13年超

☆施術実績2万1千人超

☆女性ご利用率99%




Information       



緊急時対応・回数券のご案内 ↓ ↓ ↓ ↓  各々の文字をクリック!



★★★急でも大丈夫!

ぎっくり腰など、緊急時には営業時間外であっても迷わずご連絡ください。




★★施術料金を節約!

定期的なご利用にお得な「回数券」販売中!






◆メディア掲載  内容はこちら ... e69bb8e7b18d-0022



不調・不具合の改善目安 ( 症状別 通院期間の実績 )

CB065953

 

当院では、初回施術終了後に、これまでの臨床経験から
下記のような施術計画をお伝えしております。

全く何も説明がないと、どなたでも不安になるもの。 

もちろん、これらは症状の起こった環境や状況、お一人様
ごとの体質などに左右されますが、目安としてどうぞ参考になさってください。


 

施術計画について  ※整体コースの参考例です。

                                    

【 不調・不具合の期間 】 

痛み始めから
◆3日以内(急性期)◆2週間以内(亜急急性期)◆2週間~1ヵ月(慢性期)
◆~3カ月(慢性期)◆~1年(慢性期)◆1年以上(慢性期)

 

【 不調・不具合の状態 】

・生命兆候の支障( 睡眠・排便・排尿・呼吸・食欲・発熱感・頭痛・吐き気・悪寒 )
・基礎活動の支障( 起きる・立つ・座る・しゃがむ・握る・蹴る・歩く・走る・曲げ伸ばし )
・社会生活の支障( 仕事・家事・子育て・部活動・趣味・精神活動・学校 )
・感覚異常の種類( 痛み・しびれ・張り・鈍痛・電激痛・むずむず感・冷え感・ピリピリ感 )
・感覚異常の範囲( 局部・広範囲・線状・半身・全身 )
・異常の増悪要素( 日中変動・季節変動・ストレス・食事 )
・体質による影響 ( アレルギー・虚弱・痛み止め・抗生物質・ピル・ステロイドの服用・遺伝 )
・病歴による影響 ( 各種手術歴・生活習慣病・心臓・腎臓・肝臓疾患・入院の期間 )
・日常生活の強度( 重労働・事務作業・交替勤務・立ち仕事・車によく乗る・農作業 )
・治療計画の制限( 時間的制限・距離的制限・経済的制限・期間的制限・精神的制限 )
・その他      ( 目標・目的・意志など、あなた様の気持ちも体調を左右します。) 

 

【 通院期間・回数の目安 】

*下記は症状別の一例で、同じ症状名でもお一人様ごとに差があります。

 

◆ギックリ腰                             
・筋肉性 1~2週間 (3~5回)         
・関節性 2~3週間 (5~7回)        
・仙腸関節 1ヵ月以上 (6回以上) 
・椎間板 3ヵ月(初期集中治療が必要)

◆慢性腰痛 
・しびれナシ 1~4週間 (1~8回)
・しびれアリ 2~6ヵ月(集中治療が必要)

◆膝痛                                                      
・筋肉性  1~2週間(2~4回)                      
・軟部組織性 1~4週間(2~8回)                 
・変形性  3ヵ月以上  

◆股関節痛
・運動制限のみ 1~2ヵ月(6~15回)
・持続痛あり 2~3ヵ月(集中治療が必要)

◆頭痛                                                     
・筋緊張性 1週間 (1~3回)                    
・3日以上続く 1ヵ月 (4~8回)

◆寝違え
 ・頚部痛のみ 1週間 (1~3回)                   
・背中、腕に影響  1ヵ月(6~10回)

◆四十肩・五十肩                                                 
・運動制限のみ 2~4週間(3~8回)            
・夜間痛アリ 3ヵ月以上(集中治療が必要)

◆捻挫 ・各関節                      
・1~4週間(3回以上 )(集中治療が必要)

◆腱鞘炎
・1~3ヵ月(6回以上)

◆肉離れ
・1~2ヵ月(集中治療が必要)
            
◆手根管症候群
・3~6ヵ月(集中治療が必要)

◆便秘・生理痛・生理不順冷え性・不眠症・耳鳴り・自律神経失調症
・体質改善が不可欠なため、最低3か月以上が必要

 

*マタニティでは、産院の診断や母体の状態でも適応期間が変わります。